遺産の内容がはっきりわからない

家族

 就職や結婚をきっかけに親元から独立する人が多いです。
スープの冷めない距離に住んでいる場合であれば独立後も頻繁に行き来できるでしょうが、実際にはなかなか簡単には行けないほど遠く離れた場所に住むようになるケースが多いです。
お盆とお正月位しか実家に帰省しないような状況が続いていると、実家の経済状態を把握しにくくなってしまいます。
その結果、いざ親が亡くなってみると、財産がいくらあるのか、また借金はあるのかないのかなどが、さっぱりわかりません。
財産や債務の内容がわからなければ、財産をそのまま相続してよいものかどうかを判断することができません。
そのような場合には、弁護士などの専門家に相談してみるのが一番です。
弁護士に依頼すれば、短い期間で財産調査を行ってくれますので、3ヶ月の期限内に相続放棄をすべきか否かの判断をすることができるようになります。
費用はかかりますが、何のつてもノウハウも持たない個人が自力で財産調査をするのは大変ですので、専門家を利用する方が賢明です。

相続放棄以外にも取れる方法

 故人が亡くなった際に残されていた相続財産が債務超過状態になっていた場合には、相続放棄の手続きを取る人が大半です。
他人の債務をわざわざ背負い込みたいと希望する人は滅多にいませんので、ごく当たり前のことだと言うことができます。
しかし、中には債権者に申し訳ないので相続放棄はできるだけ避けたいと考える人もいます。
特に、普段から懇意にしている人が債権者になっているような場合であれば、できるだけお金を支払いたいと考える人が多くなります。
そのような場合に利用できるのが、限定承認という方法です。
これは、相続財産の範囲内で債務を受け継ぐという相続の方法です。
限定承認も3ヶ月の期限内にする必要があるのですが、この方法を選択すれば、借金全額を踏み倒すことを避けることができるようになります。
また、場合によっては財産が残ることもありますので、なかなか便利な方法だと言うことができます。
ただし、この限定承認は、相続人全員で行う必要があります。

オススメリンク

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

カテゴリー